原因をチェックしよう

ウーマン

汗で体臭が強くなる

人の身体にはエクリン腺とアポクリン腺と、汗が出る汗腺が2種類あり、それぞれ出る汗が異なります。エクリン腺は体温調節のために汗を出す汗腺で、エクリン腺から分泌された汗はほぼ水分で、臭いもさほど気になりません。アポクリン腺は脇などに多くある汗腺で、実はこのアポクリン腺が体臭が強くなるワキガ症状を引き起こす原因です。この汗腺から出た汗にはタンパク質や脂質、アンモニアなど様々な成分が含まれており、皮膚にいる常在菌がこれらの成分をエサとして分解します。常在菌がアポクリン腺から分泌した汗を分解するときに出す臭いこそが、ワキガ症状を起こす原因なのです。ワキガ症状に悩んでいる人は多く、中には自分の体臭が気になり外出するのも難しいというケースもあります。ワキガの症状はアポクリン腺から出た汗が原因なので、体臭がコンプレックスという人は、まず汗の対策から初めてみましょう。最近はワキガ臭を抑える専用のクリームも発売されており、クリームを塗るだけで手軽に体臭ケアを行えるようになっています。ワキガ専用のクリームには汗の分泌を抑える成分や、菌を殺菌する成分が配合されているのが特徴です。臭いの元となる汗の量を減らし、さらに菌の繁殖を防ぐことができればワキガ臭も大きく軽減することができるでしょう。ワキガ対策専用クリームは、インターネット通販で取り扱われていることが多いので、自分の体臭に悩んでいる人は1度購入してみることをおすすめします。